まずは弁護士へ無料相談から

スマホ交通事故の慰謝料は高く請求したい、けれど弁護士に依頼することで報酬倒れになってしまわないか不安、そんな方も大勢おられると思います。もちろん、既に知り合いの信頼できる弁護士がいる場合は安心ですが、一から弁護士を探すという方は、まず無料相談サービスから利用されると良いでしょう。ほとんどの弁護士が、電話相談等を受け付けています。右も左もわからないうちからいきなり依頼することは困難ですので、相談をして、まずはアドバイスや料金について質問をしてみると良いでしょう。また、分かりやすい明快な回答、說明がされるかどうか等の判断や雰囲気を感じることも大切です。依頼するかどうかはその内容によって検討してみると良いでしょう。

ただし、交通事故被害は長引くと被害者の方の精神的・肉体的苦痛も長引いてしまいます。的確なスムーズな解決を望むのであれば、初期段階から弁護士に相談して、手続きや交渉について任せてしまうことがお勧めです。相手は慰謝料のプロですので、保険会社相手に個人で戦うことはまず不可能です。時間と手間、ストレスを考慮するのであれば、法律の専門家である弁護士を立てることが理想的であり、ほとんどの方が活用される方法になります。まずは無料相談をしてみることをおすすめします。

推奨サイト>>>交通事故の弁護士無料相談 _アディーレ

弁護士相談がお勧め

頭抱える自賠責保険とは、自動車を運転する際に必ず加入しなければいけない強制加入保険です。交通事故が起こったら、まず自賠責保険から保険金が支払われることになります。つまり、自賠責保険基準とは、交通事故被害の最低限保障基準となりますので、最も低い額の基準になります。任意保険とは、自賠責保険でカバーされない損害について補填する為の、任意で入る保険です。

世間的には自動車保険と呼ばれる保険がこの保険になります。こちらも、自賠責保険をカバーする為の保険ですので、自賠責保険基準よりは高いものの、保険会社によって基準がバラバラで、非公開という特徴がありますので、外部から可視化されないという問題点があります。先述した弁護士・裁判所基準は、最も高い基準になりますので、弁護士を介することがいかに重要かということが理解できます

弁護士に依頼せず、保険会社と交渉を行うと、提示される慰謝料はまず間違いなく弁護士基準を下回る額になると考えてください。保険会社は慈善団体ではない為、加入者からの保険料で運営している営利団体です。つまり、できるだけ慰謝料額を低く抑えることも仕事の一つになりますので、そのまま合意してしまうと、何百万も損をしてしまう危険性がありますので、注意が必要です。

交通事故被害の慰謝料

交通事故被害に遭われた場合、まさか自分が、とパニックになりがちですが、初期段階での対応が、後の慰謝料請求の際に重要となってきますので、できるだけ焦らず冷静に対応できるように、準備をしておくことがポイントです。例えば、交通事故直後に何をするべきか、簡単なマニュアルを作成して車に入れておく、メモ書きでもよいので注意点を書いたものを持っておく信頼できる弁護士を探しておく等があげられます。

電卓交通事故被害で最も大きな関心事は、やはり慰謝料がいくらもらえるかということになります。慰謝料の考え方とは、被害者の精神的苦痛を数値化して請求しますので、判断が難しくなります。この基準として、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士・裁判所基準という三つの基準が考えられます。この中で、自賠責保険基準が最も低い基準、任意保険基準が真ん中くらい、弁護士・裁判所基準が最も高い基準とされています。

弁護士・裁判所基準とは、交通事故被害において、過去の判例等を元に東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているものであり、多くの裁判所で運用されている算定基準です。自賠責保険や任意保険に基づく額よりも、高額な慰謝料設定がされていることが多く、交通事故の慰謝料請求において、保険会社や加害者側との示談や交渉において戦う際に用いる基準になります。弁護士に依頼するだけで、慰謝料額が何百万と異なってくることがありますので、ここでは、弁護士に依頼するメリット等について說明します。