交通事故被害に遭われた場合、まさか自分が、とパニックになりがちですが、初期段階での対応が、後の慰謝料請求の際に重要となってきますので、できるだけ焦らず冷静に対応できるように、準備をしておくことがポイントです。例えば、交通事故直後に何をするべきか、簡単なマニュアルを作成して車に入れておく、メモ書きでもよいので注意点を書いたものを持っておく信頼できる弁護士を探しておく等があげられます。

電卓交通事故被害で最も大きな関心事は、やはり慰謝料がいくらもらえるかということになります。慰謝料の考え方とは、被害者の精神的苦痛を数値化して請求しますので、判断が難しくなります。この基準として、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士・裁判所基準という三つの基準が考えられます。この中で、自賠責保険基準が最も低い基準、任意保険基準が真ん中くらい、弁護士・裁判所基準が最も高い基準とされています。

弁護士・裁判所基準とは、交通事故被害において、過去の判例等を元に東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているものであり、多くの裁判所で運用されている算定基準です。自賠責保険や任意保険に基づく額よりも、高額な慰謝料設定がされていることが多く、交通事故の慰謝料請求において、保険会社や加害者側との示談や交渉において戦う際に用いる基準になります。弁護士に依頼するだけで、慰謝料額が何百万と異なってくることがありますので、ここでは、弁護士に依頼するメリット等について說明します。