頭抱える自賠責保険とは、自動車を運転する際に必ず加入しなければいけない強制加入保険です。交通事故が起こったら、まず自賠責保険から保険金が支払われることになります。つまり、自賠責保険基準とは、交通事故被害の最低限保障基準となりますので、最も低い額の基準になります。任意保険とは、自賠責保険でカバーされない損害について補填する為の、任意で入る保険です。

世間的には自動車保険と呼ばれる保険がこの保険になります。こちらも、自賠責保険をカバーする為の保険ですので、自賠責保険基準よりは高いものの、保険会社によって基準がバラバラで、非公開という特徴がありますので、外部から可視化されないという問題点があります。先述した弁護士・裁判所基準は、最も高い基準になりますので、弁護士を介することがいかに重要かということが理解できます

弁護士に依頼せず、保険会社と交渉を行うと、提示される慰謝料はまず間違いなく弁護士基準を下回る額になると考えてください。保険会社は慈善団体ではない為、加入者からの保険料で運営している営利団体です。つまり、できるだけ慰謝料額を低く抑えることも仕事の一つになりますので、そのまま合意してしまうと、何百万も損をしてしまう危険性がありますので、注意が必要です。